尿路感染症の診断と治療|加西市北条町 たまだ泌尿器科クリニック|膀胱炎 腎盂腎炎 など

〒675-2303 兵庫県加西市北条町古坂7-117
TEL:0725-40-0707

尿路感染症の診断と治療

尿路感染症とは

尿路に細菌が棲みついて増殖し、炎症を起こしている状態を尿路感染症と言います。
この症状は、感染場所に応じて膀胱炎や腎盂腎炎などに分類されます。細菌は尿道の出口から侵入し、膀胱に達すると膀胱炎を起こします。そして膀胱の細菌がさらに尿管を上って腎盂に達し、ここで増殖すると腎盂腎炎を引き起こします。尿路感染症か否かは、尿の中の細菌の有無を確認することで診断をつけます。

主な尿路感染症

膀胱炎

膀胱炎を発症するのは女性が多く、男性が発症するのはごくわずかです。
世代に関係なく罹りますが、なかでも若い方に多く見受けられます。感染経路ですが、主に女性の外陰部にいる細菌が尿道から入っていき膀胱粘膜に付着、繁殖することで発症するようになります。

ちなみに細菌が尿道から入ったといっても健康な状態であれば、膀胱の感染防御機能が働くので膀胱炎にはなりません。ただし、ストレス、疲労、体調不良(風邪をひいた後など)、冷え症、尿を我慢し過ぎた、1日の尿量が少ない、不潔な性行為などの要因が重なると膀胱炎になることがあるのです。症状としては排尿痛、排尿時違和感、頻尿、残尿感、下腹部痛(違和感、鈍痛、張った感じなど)、血尿、混濁尿(白く濁っている)、尿臭が強い、などがあります。

症状などから膀胱炎の発症が疑われる場合は、尿検査と尿の細菌培養検査を行います。これは採取した尿を顕微鏡で調べ、白血球(炎症細胞)が増えていると確認されると膀胱炎と診断されます。結果はすぐに出ます。

治療では、抗生剤を3~5日間ほど服用します。通常であれば1~2日間で症状は良くなり、3~5日間の治療で治癒します。ただ症状が良くなったからと、途中で薬を中断してしまうと細菌が生き残りやすくなり、再発の可能性が生じることもありますので、渡された薬はすべて飲み切るようにしてください。なお、症状が軽症であれば、水分を多く取り尿量を増やすことで自然に治ることもあります。また、再発の予防として、日頃から水分をよく摂取して、尿をたくさん出すことを心がけ、尿をなるべくがまんしないようにすることにも努めてください。

  • 尿の細菌培養検査:原因菌の種類、およびその細菌にどんな薬剤が有効かを調べます。細菌の種類としては、大腸の中にいる大腸菌、腸球菌や、皮膚・粘膜にいるブドウ球菌、連鎖球菌などがよく見られます。また、クラミジア(性感染症)が見つかることもあるので、クラミジア膀胱炎が疑わしいときは、尿中にクラミジアの遺伝子があるかどうかの検査をします。

腎盂腎炎

大腸菌などの細菌感染によって発症し、腎臓の痛みと38℃以上の発熱、吐き気といった症状がみられます。細菌の繁殖場所が膀胱の場合は膀胱炎ですが、尿管の上の腎盂に及ぶと腎盂腎炎と診断されます。尿道が短い女性の方が罹りやすいと言われています。

膀胱炎と同様に、細菌が入ってきても尿と一緒に体外へ排出されたり、免疫により排除されるため通常であれば腎盂腎炎になることはありません。ただ、免疫力が低下していたり、尿の流れが悪い病気(前立腺肥大や尿路結石など)を発症していたりすると感染するようになります。また、菌血症や腎膿瘍といった重症化しやすい病気になりやすいのも特徴なので早めの治療が望まれます。

検査では、細菌検査として、血液中や尿中に細菌がいるかどうか、あるいは細菌の種類などが調べられます。また、腹部超音波検査や腹部CT検査で腎盂の炎症の有無や、尿管に結石がないかといったことも調べます。

治療では主に抗菌薬を用いますが、症状が良くなっても細菌が残っていることがありますので、再発防止のためにも、完治するまでしっかりと治療するようにします。また、適切な治療を施さなかった場合は、細菌が血液中に侵入し、敗血症となって生命にも関わることがありますので、早めの診療が大切です。

尿道炎

尿道炎は、性行為によって起きる性感染症として知られていますが、その他にも大腸菌や腸球菌などの腸内細菌、皮膚や粘膜の常在菌、マイコプラズマやウレアプラズマが原因で発症することもあります。このようなケースの尿道炎は、身体の抵抗力が弱い、細菌の数が多いといった場合に起きます。症状としては、排尿時の痛み、尿道から分泌物が出るといったことがみられます。なお、尿道炎は女性の場合は膀胱炎を、男性であれば前立腺炎を併せて発症していることもあります。

検査では採尿を行い、尿中に白血球や細菌がいるかどうかを調べるほか、原因となっている病原体を調べるようにします。尿道炎と診断された場合は、抗菌薬を用いて原因菌の増殖を抑制したり、殺菌するなどします。このほか、水をたくさん飲むことで尿の量を増やして、細菌を洗い流しやすくします。

PAGE TOP